HOME>アーカイブ>解体する場合の基礎知識と知っておいた方がよい情報は何か

手順をしておこう

解体工事

神奈川県内で解体工事業者に解体工事を依頼する場合には、まず申し込みからスタートして、その後見積もりを行い契約をするならばそのまま契約成立です。後は日時などを設定し、事前に近所に挨拶をしてから工事がスタートします。ただ工事をする前にオーナーがやっておきたいことは水道や電気そしてガスを停止させることです。これをしなければ工事をすることはできません。必要書類などをも書くことがありますが、たいていは住所や名前などは自分で書いて後は業者の方で行ってくれますので知識がなくても安心です。工事期間は一戸建て住宅の場合は1週間以内で終わるでしょう。ただ雨などが降ると少し延長することもあります。

様々な重機が用意されている

神奈川県で解体工事をする場合には、手作業だけでなく重機が活躍します。特に2階建て以上の木造住宅や鉄骨づくりそして鉄筋コンクリートの場合には重機がなければなかなか作業ができません。重機を使うことによる問題があるとすれば、振動や粉じんが舞いあがることです。最近は、振動がより少ない重機を使っている業者がありますので、近所迷惑にならないように細心の注意を払うならば、そのようなところに依頼してみると良いでしょう。

粉じんが舞いあがらないようにする

解体工事をするときには、粉じんが舞いあがり音がうるさいなどのクレームが来ることもあります。そこで、神奈川県の解体工事業者の中でも、粉じんが舞いあがらないようにする業者を選びましょう。単純に工事をしている時に水をまけばよいだけですので、実は粉じんを舞いあがらないようにする方法はそれほど難しくありません。問題は音が出る場合です。音に関しては、重機を操っている人の腕前や作業員が丁寧に作業を行うかどうかによって変わってきます。